アメリカ主導で世界経済は回復へ向かうのか?

【好調なアメリカ経済】

昨年トランプ大統領の誕生を機に、アメリカの株式市場は上昇に転じました。ダウ平均株価は2万円へ乗せ、ナスダック、S&Pの主要指数も史上最高値を更新しています。

1つにはトランプ大統領の政策への期待があります。減税・インフラ投資・規制の緩和などでアメリカ経済を後押しするのではないかと期待されています。もう一つはトランプ大統領の誕生に関係なく既にアメリカの経済指標が良好だと言う、現実があります。

毎月発表される雇用統計は安定しており、その他の景気をあらわす指標もアメリカ経済の好調さを裏付けています。リーマンショック以降何だかんだ言いながら、中国は世界経済を下支えしてくれました。その中国の経済が陰りを見せて、世界経済に暗雲が立ち込めていましたが、アメリカが復活して世界経済をけん引してくれる構図が浮かんできました。

【世界経済回復の兆し】

原油価格が上昇に転じています。2016年には30ドル割れで低迷した原油価格が50ドル台を回復して来ました。OPECが減産に合意したり、世界経済の回復基調で需要が見込まれたりと市場環境が好転して来ました。更に亜鉛・石炭・鉄鉱石など他の資源価格も、中国経済の低迷などで下落が続きてきましたが、回復してきています。

原油などの資源価格の上昇は、物価の押し上げなどマイナス面もありますが、安すぎるところからの上昇は経済にプラスに働きます。

資源価格の上昇などで資金を得たファンドは、株式に投資するなどお金が回り始めます。原油価格が上がれば中東やロシアなどの産油国は、自国にお金が入ってきます。サウジアラビアは原油下落で相当経済が痛めつけられ、株式などの換金売りで凌いだという話もあります。日本などは株式の流動性が高いし、真っ先に売られる危険もあります。ロシアも欧米の経済制裁で苦しい中、原油価格をはじめとした資源価格の回復は歓迎するところです。著名投資家のジム・ロジャース氏はこれからの有望な投資先としてロシアを上げています。

打撃を受けて来た新興国経済がアメリカ経済の回復と、資源価格の回復で息を吹き返そうとしています。アメリカの景気回復が世界経済を牽引する構図が出来つつあります。

リスクとしてはトランプ大統領の強権的な政治手法、ヨーロッパの政治リスクが上げられます。トランプ大統領が敵を作り、議会や国民と戦ってばかりいては政治はうまく進みません。トランプ大統領のような保護主義的な考えの指導者が、今年大きな選挙のあるフランスやドイツで出てくると自由貿易に対する懸念が顕在化して、株価暴落世界経済はショックを受けるという怖い場面も無いことではありません。

世界の経済の特徴とそれぞれの国の経済状況

世界経済と聞くと、難しいものと思う人も多いですが、住んでいる一人の人間として理解しておく事が肝要です。

世界経済は緩やかに回復していると言えますが、先進国と新興国の回復速度は不均衡な状況にあると言えます。

先進国の物価上昇率が低下する現象や物価が持続的に下落する現象のデフレの傾向や財政赤字の拡大、一部新興国における景気の過熱感や資源価格の高騰、グローバルインバランスの再拡大等の構造的な要因を抱えており、その回復振りはいまだ不安定と言えます。

その中で、円安の関係で日本の輸出企業は好調でそれにより海外への進出が、より一層、加速していると言えます。世界経済で、一番の問題はユーロ地域で、ギリシャを震源とした金融不安は続いています。

ギリシャは欧州中央銀行や国際通貨基金などから多額の借入金を実施していますが、その返済を現在延期状態で、今度は延期に同意しない意志を固めています。これに対してギリシャは、債務不履行も考えているということを発表しています。

逆にギリシャがデフォルト、ユーロ脱退ということになると一時的にユーロはさらに下がり、それを先読みして欧州各国の輸入は停滞状態が続いており、銀行も先読みレートをかなり下げています。

本当にユーロ脱退となれば、ユーロへの輸出比率が高いASEAN諸国の経済へも影響し、そこから世界経済への波及の恐れもあります。

それ以外では、ドイツのみが一人勝ちでイタリアやスペイン、特にスペインの経済状況は非常に悪く、ギリシャに続いて世界経済悪化となる可能性があります。

ウクライナの戦争により現在、孤立を深めるロシアは、経済制裁により、国内経済は非常に悪いと言えます。

ルーブルの下落も続いていて、ロシア国内の輸入もストップしています。中国は経済成長率が7%程度と完全に通常の経済成長率国家となり、その購買量は相変わらず高いと言えます。

世界経済は日々変化して、国によって大きく異なるので、世界の動きには目を離さない事が肝要です。

株式投資は長期投資で安定利益を目指すべき

最近はネットスピードも高速化/安定化となり、短期取引を何度も繰りかえす人も多くなりましたが、それはFXでは有効だと思いますが、株式投資ではおススメ出来ません。

株式投資は王道の投資法が一番です。なぜなら、FXは24時間市場が開いていますが、株式市場は午前と午後を合わせて1日5時間ほどです。

冷静に考えると、たったこれだけと思ってしまいますよね。でも、それはシステムとしてルール上決定しているので嘆いても仕方がありません。それを上手に利用すれば良いだけです。

まず、株式には優待と配当があります。これを大いに利用するべきです。なぜなら、安定的に一年間に数回程度、現金や物などが貰えるのです。

これは株式の大きなメリットで、取引で損失になっていても塩漬けで挽回できる可能性が高まります。その為には資金管理が重要ですが、これは投資資金を全額相場に次ぎ込まない限り、基本的には大丈夫でしょう。要するに少額でチビチビ取引するイメージですね。

続いて株式投資で重要なのは、政局を大いに活用する事です。最近でしたらアメリカの動きになります。

トランプ政権や政策金利のアップが今後のアメリカ株式相場にどのような影響を与えるのか、それを考えたら自ずと日本の相場も予測しやすくなります。

アメリカ相場に同調するのが、日本の相場であり日経平均/個別株となります。それでも日本だけが下がる場合もありますよね。そこで大事になるのが、最初に説明した配当や優待になります。

ここで下がっても、堪える体力/資金力があったら翌年には挽回できる可能性がグッと高まります。

理想としては、自分が建てたらスグに上昇し続ける事ですが、実際にはそうなりません。そこでスグに失敗だと諦めて損切/売却するか、我慢してポジションキープするかが、運命の分かれ道となります。

確かに、過去の例からみるとバブル崩壊などで株価が何年も下がり続ける事もあります。しかし、ある程度のリスクを背負って勝負しないと、株式市場から利益を得るのは難しいです。その為には、資金管理と長期戦覚悟で投資に挑んで下さい。